猫のお戯れ

オタクのほんわか感想ブログ

生命のスペア感想

おすすめ度★★★☆☆

シナリオ 27/50
システム 6/10
キャラ     5/10
音楽       7/10
声優       7/10
絵           5/10

点数57

ナルキッソスに無駄な要素追加して薄くした感じ。
あと大手なのにシステム周りというか、バックログからのジャンプ無いのだめでしょ。
割れ対策にお金かける前にやることあるでしょ三枡。

死にかけてる姉と、姉の代わりに死ぬために生まれてきた妹と、なんか勝手に死にかけてる主人公が織り成すヒューマンドラマ。 
これ主人公も不治の病に罹ってる必要あった?
名前の通りメインとスペアの命のやり取りを書けばいいじゃん。 
最初の方は
イメージ1993
みたいな。こいつやべぇ……。感じを出していたけど蓋を開ければ「自分の生まれてきた理由がそれだから拒否ったら家族に嫌われる」みたいな分かるんだか分んないんだかの理由出してきてあっさり意見変えたし。
終盤はスペア要素全くなし。とりあえず言いたかっただけ以上のものを感じることができなかった。
 
イメージ1994
主人公を道端のごみ程度にしか思っていない父親が出てきたけど結局最後までそのままだったし。
こーいう場合って実は父親優しかったとか、ヒロインのおせっかいで多少なりとも和解とかあるじゃん。一切変わらないのは凄いよ。初めて見たよ。なら出すなよ。


結局、余命幾許も無い主人公とヒロインがセックスして死ぬだけ以上の感想をこのゲームから見いだせなかった。
イメージ1995
ただ、定期的に煎餅をかじるSEが出てくるんだけどこの音がやけにでかいしぶっちゃけSE入れる必要性まったくないしで凄い不快でした。