猫のお戯れ

オタクのほんわか感想ブログ

恋する少女と想いのキセキ感想

おすすめ度★★★☆☆

シナリオ 30/50
システム 5/10
キャラ     9/10
音楽       10/10
声優       9/10
絵           8/10

点数71

恋する少女と想いのキセキってタイトルなのに奇跡が全く起こらないのどうかと思う。


少女と書いてドールと読む。このゲームはヒロイン四人中二人がドールという存在。
ローゼンメイデン的なドールというよりも幽霊が人形に乗り移った感じ。
そんな特殊ないでたちなのでドールヒロインは制約が多い。
記憶容量が少なかったり、条件満たすと成仏したり、条件満たすと悪霊的な存在になって暴れたり。

そこを奇跡でなんとかしていくんだと思っていたんですがそんなことはなかった。
記憶容量少ないままだから思い出の共有が出来ないし、成仏する危険性普通にあるし、
メインヒロインなんて成仏しそうになったら主人公殺すって契約してゲーム終わったし。

ほとんどバッドエンドだからね。 


ただキャラ萌えは凄い良かった。ヒロインみんな可愛いかった。
イメージ1697
イメージ1721
イメージ1679
イメージ1668

日常シーンも普通に面白かったしエッチシーンの数も多く、イチャラブゲーとしては優秀だったと思う。
ドールの設定いらなかったんじゃないでしょうか。
それかタイトル通り奇跡起こしてのハッピーエンドで良かった。

それと、OPがずば抜けてよかった。OPの出来だけで購入したけどまあそれなりに満足できました。