猫のお戯れ

オタクのほんわか感想ブログ

つよきす三学期感想

おすすめ度★★★☆☆

シナリオ 35/50
システム 5/10
キャラ     9/10
音楽       8/10
声優       8/10
絵           4/10

点数69

やっぱ無印が一番勢いがあった気がする。それと無印から数年たってるのに絵がいまいち。
絵師違うのは分かるけどもうちょっとうまい人使っても良かった。 

無印と三学期ではライターが違うけど良く作風をコピーできてると思った。
ただ、勢い重視しすぎてキャラのブレや展開の粗が目立ってしまっていた。
一番おかしいと思ったのが素奈緒ルート。素奈緒の正確なら討論大会で無断で討論内容を
変更することは絶対しないと思う。さんざんルール遵守キャラやらせといてなんの葛藤もなしにいきなり
暴走するのはちょっとおかしい。
それと素奈緒ルート後半でライバル校のパソコンにウイルスを侵入させる展開があるけど、武闘大会当日朝にパソコン室まで行ってパソコン弄ってる拳法部員がどこにいるんだって話だよ。そもそも無抵抗のライバル校部員を骨折させたということで乙女さんが退部するみたいな展開だったけど普通に傷害事件だから退部とかでどうこうなる問題じゃないでしょ。その辺無印は龍鳴館の中だけで展開してたから力押しでどうにかなってた。

あと椰子とよっぴーだけ個別ルートが序盤で分岐したけど正直内容に大差ないしなんでこれ分岐させたんって感じだった。

姫ルートも姫のお付きのババアが裏ですべてを仕組んでたって顛末だったけどババアが姫になり替わって仕事してたことに姫が一切気づかないってどういうことだったのか。完全無能じゃん。

ただ乙女さんルートは良かった。というより乙女さんだけなんか可愛くなってた。
イメージ1504
ルートも「私が命令しなければなにもしない駄目なレオ」っていう乙女さんの叱責を本気モードになったレオが
「乙女さんが命令してさえくれればなんでもやってのける」っていう斜め上な返答してて面白かった。

乙女さんルートだけは無印と比べても勝ってたと思う。というかキャラ一緒で焼き直しだからまず無印と比較されちゃうという悪条件の中で普通にプレイできたのでかなり頑張った作品だったと思う。