猫のお戯れ

オタクのほんわか感想ブログ

ジョゼと虎と魚たち感想

神がサイコロを振り過ぎ。

f:id:nekokingdom:20210112015156j:plain

エロゲ感想ブログと思いきや実は映画感想も書いてるんですよねこれで。

ここさけのラストがクソすぎてブログで叫んだだけなんですけど。あと天気の子も一応書きました。主人公が東京に出てくる背景なさすぎて最初から感情移入出来ないのなんとかならんかったん?

で、感想なんですけど最初に書いた通りですね。偶然頼りの展開が多すぎる。神がサイコロ云々って別に偶然がどうこうって意味ではないけど、意図は通じるよね?

 

主人公とヒロインの出会いからしてまず偶然です。車椅子で坂道を転がり落ちていたヒロインと偶然ぶつかります。ここはまあ、別にいいと思う。ボーイミーツガールってそんな感じだし。通常ではありえない出会い、いいよね。

 

そこから紆余曲折ありながらも二人は仲を深めていきます。

 

余談だけど主人公とヒロインって声優じゃなくて俳優なんだよね。普通に上手でびっくりした。違和感とか無かったし。特にジョゼは合ってたと思う。ジョゼちゃんはキツイ感じのロリ関西弁でドストライクだった。

 

ここまでは良かったんだけど最後の展開への持って行き方が強引過ぎた。

ハンディキャップへの引け目などから主人公と距離を取ろうとするジョゼが電動車いすで走り出したら偶然車道の真ん中でバッテリーが切れて、それを助けようとした主人公のところに偶然車が突っ込んできて、さらに事故の後遺症で偶然足が不自由になって、とかいや偶然重なり過ぎぃ!!

陰謀論すら頭に浮かんでしまったよねこれは。

 

そっからなんやかんやジョゼの努力があって主人公は再び歩き出すんだけど今度はジョゼが唐突に姿を消してしまう。これな。昔のエロゲでよく見たんだよな。急に消えるヒロインと携帯片手にヒロインを走り回って探す奴。私は主人公君に相応しくない、とか言い出す奴。もーいいよ。これもうやられまくっててこれ出た時点で萎えるまである。スマホあるんだから別れのメッセ飛ばすなりなんなりしろや。

 

正直ここまではまあ許容範囲だったし、偶然もまぁ、物語ってそーいうもんだからって感じで流せるレベルだったんだけど、最後に特大のサイコロがあったんですよね。主人公とジョゼが最初に出会った坂道をまーた転がり落ちるジョゼ。そんでうまい具合に同じようにジョゼを受け止める主人公。いやどんな偶然?もうちょい違う展開考えろや。

 

いやまあ展開としては分からなくもないけどそれはやり過ぎやろ。どんだけ偶然が降り注いだらそーなんの。転がり落ち始めたきっかけも偶然犬が暴走した飼い主がぶつかったとかいう理由だし。ちょっとやらせが過ぎるというか作為的な匂いが酷かったですね。あそこまでやられると萎える。逆に。

 

いやまぁ良かったところは結構ありました。主人公とジョゼが仲良くなっていくところとか、障害を負ったことで自分の傲慢さに気付けた主人公とか、自らが進む姿を見せることで主人公を励ますジョゼとか、そこらへんは良かった。ただちょっと、もうちょっとラストを作為的ではなくして欲しかったですね。

 

あと主人公の事が好きなバイト先の女の子、めちゃくちゃ可愛かったですね。次はあの子のルートやってくんないかな。いあまぁこれエロゲじゃないんですけど。